ニュースリリース

2022年10月31日

大井川鐵道 大井川本線は、9月の台風15号による被災のため全線で運休しており、通常より本数を減らしたバス便で代行輸送を行っております。紅葉シーズン中の列車による運転再開の目途は立っていません。

井川線・寸又峡線バス・閑蔵線バスは平常通り運転しておりますが、大井川本線の代行バスとの接続が悪く、効率よく観光することが困難です。また、大井川本線代行バスは本数・乗車定員に限りがあるため、定員オーバーや乗り遅れなどにより計画通りの行動ができなくなる可能性もあり、当社線で奥大井方面へお越しいただくお客様にはご不便をおかけしてしまうことが予想されます。お客様をお迎えできる十分な態勢が整っておらず、ご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

誠に恐れ入りますが、マイカー・レンタカー・カーシェアサービスなどを利用できるお客様は、お車にて千頭・奥大井方面へのご移動いただくことをご検討くださいますようお願い申し上げます。

金谷⇔千頭間の代行バスの本数は1日4往復で、各便40名様までの定員です。

代行バスの本数は非常に限られております。また、バスの乗務員不足などの諸事情で、現状の本数以上の運行が不可能です。
千頭方面:金谷 6:20発・7:50発・13:00発・19:00発
金谷方面:千頭 6:03発・8:10発・15:00発・20:45発

大型の観光バスで運行するため、1台当たりのご乗車人数は40名様までで、立ち席でのご利用ができません。

乗車希望のお客様が多数いた場合においても、本数・台数を増やすことができません。定員オーバーの際には乗車をお断りし、次の便をご案内することになります。路線バスなど、金谷と千頭を結ぶ他の交通手段はありません。

代行バスのダイヤにより、行程に制約が生じます

例えば…

  • JR線方面から千頭へ向かうバスは金谷駅6:20発・7:50発の後は、13:00発までございません。お戻りのバスも、千頭駅15:00発の次は20:45までございません。
  • 東京駅を4:55に出て、新横浜駅6:00発の新幹線に乗らない限り、金谷7:50発の代行バスには間に合いません。名古屋・新大阪からは、金谷7:50発の代行バスに間に合う現実的な乗換はございません。
  • 千頭15:00発の代行バスの次は20:45発までございません。千頭20:45発の代行バスは金谷22:18着となります


弊社といたしましては、せっかく奥大井まで足をお運びいただいたのに、お客様のご旅行が台無しになってしまうような事態を望んでおりません。しかしながら、自然災害により、提供できる輸送サービスに限りがある状態です。誠に恐れ入りますが、現状をご賢察いただき、お車でご移動ができる方はマイカー等でのご移動にご協力を賜りますよう、何卒、お願い申し上げます。

千頭駅までの道路アクセス

新東名高速道路 島田金谷ICからの最短ルートとなっている「国道473号線」は土砂崩落のため通行止めとなっています。国道1号線バイパス等で、一度大井川の東側に迂回し、県道64号線等を北上するルートでお越しください。

千頭駅付近の駐車場について

千頭駅西側にある「道の駅 音戯の郷」の駐車場をご利用ください。「音戯の郷」駐車場が満車の場合は、駅の北方にある臨時駐車場をご利用ください(千頭駅から徒歩10分)。いずれも、駐車台数に限りがございます。行程に余裕を持ってお出かけください。

井川線沿線の駐車場のご案内

井川線沿線にも駐車場がございます。途中駅から井川線にご乗車の場合、時間帯によっては比較的空いていることがありますので、併せてご検討ください。

お得なフリーきっぷのご案内

井川線・寸又峡線バス・閑蔵線バスの全線が2日間乗り放題になる「井川寸又峡周遊きっぷ」もご用意しております。「RYDE PASS」のデジタル乗車券(スマホ)でも取り扱いがございます。デジタル乗車券でご利用の場合、きっぷを買いに駅へ出向く必要がございませんので、井川線の途中駅からのご乗車に非常に便利です。

  • 有効区間:井川線・寸又峡線バス・閑蔵線バス 全線
  • 有効期間:発券から2日間
  • 料金  :大人 – ¥2,100・小人 – ¥1,050
  • 発売箇所:千頭駅・奥泉駅・井川駅
▲ ページのトップへ戻る