ニュースリリース

2021年10月20日

大井川鐵道井川線(愛称:南アルプスあぷとライン)で2017年(平成29)年1月から運転している「星空列車」を、2021(令和3)年~2022(令和4)年シーズンは合計32日間運転することが決定いたしました。

列車は千頭駅⇔奥大井湖上駅を通常ダイヤでは走らない時間にヘッドマークも誇らしく走行、夜行列車のような雰囲気も満喫できるほか、千頭駅を出発しますと途中駅には停車せず終着駅まで運転停車を除き直行となり、井川線では通常行わない急行列車としての運転いたします。目的地となる「奥大井湖上駅」はまわりに人家がないため星空観察には最適な場所のひとつです。満天の星空に抱かれながらあなたとあなたの愛する人の想いがかなうよう心静かに願いを送ってください。

なお、今シーズンは社会情勢に鑑み、井川線営業列車最長の客車7両を連結予定とし、乗車定員300名ほどのところを上限120名に押さえ、車内のソーシャルディスタンスを保ち、参加者のみなさまのマスク着用などもお願いしながら、全員で安心・安全な列車の運転を創り上げたいと考えております。星空列車についての詳細は以下のとおり。みなさまのご乗車をお待ちしております。

星空列車 運転概要

運転日 計32日運転 運転日

定員 120名(乗車定員の40%)
※事前予約なし、先着順となります
※15名以上の団体のお客様は南アルプスアプトセンターまでお問い合わせください
行程 千頭駅16:53発→奥大井湖上駅18:01着
奥大井湖上駅19:00発→千頭駅20:05着
※途中下車不可、両駅以外での乗降取り扱いはいたしません
運賃・料金 星空列車特別乗車券
大人:1,940円 小人:970円
(千頭⇔奥大井湖上+急行料金)
※大井川周遊きっぷ、井川寸又峡周遊きっぷではご乗車いただけません
乗車券販売場所 千頭駅
※当日ご乗車の前に「星空列車特別乗車券」をお買い求めください
お問い合わせ 南アルプスアプトセンター
電話0547-59-2137(平日9:00~16:00 受付)

接続列車

大井川本線でお越しの方は以下の列車のご利用が便利です

ゆき
金谷駅15:09発→千頭16:26着

かえり
千頭駅20:19発→金谷21:31着

その他

  • 大井川周遊きっぷ、井川寸又峡周遊きっぷではご乗車いただけません
  • 天候不良により星空が観察できないことがございます
  • ご乗車の際、マスクの着用にご協力ください
  • ご乗車の際、検温を実施いたします。予め健康状態をご確認のうえお越しください
  • 足元の安全確保のため懐中電灯をお持ちください
  • 車内での暖房運転は行っておりませんので暖かい服装でご参加ください
  • 飲食物の提供、星空についての解説はございません
  • 安全確保の観点から中学生以下のお客様は保護者同伴でのご参加をお願いいたします
  • 奥大井湖上駅は無人駅です
  • ペットを連れてのご乗車できません(ケージに入れてのご乗車もできません)

ポイント

川根本町は全国で2番目に星空がきれいに見える町

奥大井湖上駅のある静岡県・川根本町は現在の環境省が主催していた全国星空継続観察の結果、「澄んだ星空 全国第2位」に選ばれたこともある地域。日常ではまず体験することができない本当に真っ暗な夜空にきらめく星を楽しめます。

奥大井湖上駅

長島ダム建設によって誕生した接岨湖(長島ダム湖)に突き出した半島状の先端に位置する駅。湖にぽっかり浮かんだように見えることから不思議な駅、駅周辺に人家もなく自動車でも行けないため秘境駅とも呼ばれている。近年は写真映えすることからSNS上でも話題となり、静岡県の「ふじのくにエンゼルパワースポット」のひとつにも認定され、恋のかなう駅とも呼ばれています。

奥大井湖上駅は、2019(令和元)年5月27日、世界各国の外国人100人が審査員となり、貴重な地域資源として評価した日本各地の文化や観光名所に贈られる「クールジャパンアワード2019」を静岡県で初めて受賞した話題沸騰のスポット。静岡県が世界に胸を張って誇ることのできる絶景が広がります。

▲ ページのトップへ戻る